大変申し訳ございません。只今、無料オンライン動画セミナー閲覧登録は休止しております。
動画セミナーの内容を最新化しておりますので、完成までお待ちください(2019年10月末予定)。

広告費456万円かけても応募が1人だけ
しかも、その1人も採用できなかった企業が
広告費5万円で7人から応募を獲得

月額30万円かそれ以上の広告費をかけても応募がほとんどこない
応募がきたと思っても採用までたどり着かず
多額の広告費と時間がムダとなり、求人への不安を感じている会社なら
偶然じゃないの?と疑ってしまう気持ち、よく分かります。

でも、これは本当のはなしです。競合だらけの東京で、就職先として人気がない建設業、しかも職人募集の話です。

この企業がやったこと。それは、、、
■6つのステップに従って求人募集の情報を見直し
■競合との比較を勝ち抜く採用ホームページを作成
■応募までの最適な導線を設計

代表の馬場は元国家公務員。つまり、ビジネスの経験がありません。
そのため、起業後、会社が軌道に乗るまでとても苦労しました。彼に大きな変革を与えたのは、ダイレクトレスポンスマーケティングとの出会いです。
その手法を求人募集に応用すれば、応募を獲得できると考えました。

そして、「ダイレクトヒット求人」という独自のスタイルを確立、
今では、求人広告の記事や採用サイトの作成を通じて、
建設や介護、運送といった業界を中心に、欲しい人材から応募を獲得する支援をしています。

応募がきたのは、条件が良い会社だからでは?
そんな求人募集に関する間違った考え方をもっていませんか?

求人方法のご相談をうかがっている中で、多くの共通する間違った考え方があります。
あなたは求人募集に関してこんな考え方をしていませんか?

結局、給与や福利厚生といった条件・待遇面をライバル以上にしないと応募はこない
業界自体が人気がないから応募がこないのは仕方がない。応募がきたらラッキーくらいに考えた方が良い。
知り合いの会社が使って応募を獲得した求人メディアに、同じように広告を出せば応募くるはず
中小企業の自社に求職者が魅力に感じるような強みや特徴なんてあるわけがない

当社がご支援して結果を出している会社は、小さいところは12名、大きくても150名程度の中小企業です。
誰もが知っているような企業や、給与や福利厚生が優れた企業ではありません。

全6回のオンライン動画で、
求人応募があつまる本質的アプローチを
マスターする方法

全6回の無料動画セミナーで提供する内容は、
有料で開催しているセミナーでお伝えしている内容からポイントを抜粋したものです。

リアルのセミナーでは、参加者の属性にあわせて事例を紹介したり、質疑応答で個別の疑問に回答できます。
こうした部分を除けば、無料動画セミナーはリアルセミナーと遜色ありません。
全6回の無料動画セミナーであなたは、例えばこんなことが得られます。

こういう間違いが一番多い。多くの求人広告のキャッチコピーが求職者に響かないワケ。
なぜかほとんどの会社がやっていない。後だし「じゃんけん」で競合企業に勝つリサーチ方法。
思い込みで作ってはいけない!本当に求職者の心に響く自社の魅力をみつける方法。
同じ会社でも職種によって違う。求職者によってメッセージや導線は変えなければ反応はでない。
顧客獲得では考えているはず。なぜか求人募集ではやっている会社が少ない方法。

プロフィール

株式会社ビーシーソリューション
代表取締役 馬場宏
「正攻法で欲しい人材をあつめる求人の専門家」

元型枠工事会社の求人担当と自らのホームページの知識を融合し、求職者の心にダイレクトに響き、この会社に入りたい!と心をゆり動かされる「ダイレクトヒット求人」を確立。

口癖は「本質」「いつの時代も使える普遍性」「育てる」の3つ。小手先のテクニックやノウハウを使って一時的な効果を出しても、すぐに使えなくなるものは意味がない。広告やホームページといった制作物は作りっ放しはダメで、育てることが大切。

特に、建設業の職人や介護施設の介護職員、運送業のドライバーなどを中心に、ライバル会社との人材獲得競争が厳しい大都市圏のお客様に対して、求人のコンサルティングや求人広告、採用ホームページの制作を実施している。